秋の夜長におススメ文庫ランキング

歴史小説~推理小説、恋愛ものまで管理人の独断と偏見によるランキングを発表!

過払い金プロミス問題とお金を巡る物語の増加はなにかある?

本屋大賞が、そのまま売れ行きに左右しベストセラーを決める昨今の本の業界ですが、
本の中身云々でなくマネージメント・広告展開が勝負要因になっているようで、
正直虚しさを感じています。
とはいえ、ベストセラーの中でも中身が良いから
売れているものがあるのも事実(普通はこちらが正常)。
少し前に、過払い金でプロミスが問題がニュースになりましたが、
お金を巡る物語の本が多くなってきている気がします。
小説に限らず、実用書でもお金関連の割合が高くなっているそうです。
ドラマなどになっているお金の物語と実際の金融ビジネス書を読むのが、
最近の私のブームです。
物語の人物への自己投影感が増すはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です