秋の夜長におススメ文庫ランキング

歴史小説~推理小説、恋愛ものまで管理人の独断と偏見によるランキングを発表!

ティーカッププードルの専門店前で名書考察。

先日近くのティーカッププードルの専門店前を通った時に、
なんだか動物の本を無性に読みたくなりました。
動物となるとすぐ思い浮かぶのは「忠犬ハチ公」「北極物語」などでしょうか。
どちらも犬…。
なら、猫だとやっぱり「我が輩は猫である」ですかね。
夏目漱石の一番最初の作品であり、私曰く一番難解。
その難解さは読みやすい「坊っちゃん」と比べると一目瞭然。
猫の視点で家庭の日常を追っていくのですが、
未だに最後の結末で、漱石がそうしたのかわからない。
意図があったのか?終わらせる為にそうしたのか?どの解説もしっくりきていません。
気になった方は、独自の思考で結末の意味を想像して読んで頂きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です